廃車を依頼しても中古車として売却する業者に注意

業者に廃車を依頼した場合に、もらうべき書類としてリサイクル券が挙げられます。

このリサイクル券は、車を解体して廃車にしたという証となるため、半券を最終所有者に返却する事が義務付けられています。

mycar

この書類を渡さない業者の場合は、依頼した車を転売していたり、中古車や代車として利用している事も考えられます。

さらに問題なのが、解体費用や手続き代行費まで頂戴し、還付金までも着服してしまう業者もいるという事です。

還付金は、廃車を行った車の最終所有者がもらうべき戻り金であり、代理人が受け取るお金ではありません。

また検索でも多く引っ掛かるのが、譲渡証明書です。

恐らくは、廃車にするのにどうして譲渡証明書が必要になるのかの疑問だと思われますが、廃車を行う場合には譲渡証明書は必要ではありません。

譲渡は財産を他者に譲るつまり名義変更をするという書類のため本来必要のない書類のはずです。

 

ただし、廃車登録は、車検証名義人記載の住所を管轄する陸運局または軽自動車検査協会でしか受付できないため、廃車を依頼した業者が、他県の業者の場合では譲渡証明書も必要になります。

 

ちょっとした小遣い稼ぎを行ってしまう業者の問題を事前に防止するためには、業者に還付金でいくら戻ってくるのか確認と、廃車手続きがいつまでに完了するのか、また、リサイクル券の半券を戻してもらうようにして下さい。

 

ウェブ上では自動車リサイクルシステムという、現在の車の状態(登録が抹消されたかされていないか)を確認する事も可能ですが、車体番号という車一台一台に振り分けられた番号と、リサイクル券に記載された番号が必要になります。

 

ほかに確認する方法では、運輸支局で現在登録証明書を発行してもらう方法もありますが、こちらの場合では車体番号と、ナンバプレートの番号が必要になります。

参考サイト

車 廃車