冷蔵庫を移動させる場合に行う事や確認する点について

reizouko-robot

来月の1月からは引越しシーズンが本格化するため、引越し荷物としてトラブルの多い冷蔵庫の移動方法に付いて詳しく見てみたいと思います。

 

中身の処分方法

 

冷蔵庫を移動する場合には、中にある食材を全て取り除かなければ業者も運べません。

その為、移動日の前日までに処分したり、アイスボックスに保管したり、冷凍宅急便で郵送するなど対策が必要になります。

 

今の時期だと鍋に入れてしまい食べ切ってしまう方法がお勧めでしょう。

 

調味料一式は、冷凍保存が必要であれば、ビニール袋に詰めてからアイスボックスに氷を入れ、一緒に運んでもらって下さい。

 

冷蔵庫の電源は移動日の10時間前にでも抜いておけば問題ありません。

 

水滴や水分が滴り落ちてきますので、タオルでしっかり拭き取り霜が付いている場合も取り除きます。

 

当日にやる事

 

当日に業者がご自宅まで集荷に来られ、専用マットで傷が付かないよう梱包してくれます。

 

こちらでやる事は、冷蔵庫があった場所の掃除をすることぐらいなので、ほうきやぞうきんは当日まで荷造りを行わないようにして下さい。

 

設置後の確認

 

設置場所は、壁から5cm程度離して設置します

クロスが黒くなったり熱が後ろにこもるのを防ぐ為です。

 

しっかりと設置されている事を確認したら電源を入れ、半日程度待ち冷蔵庫内が冷え切ったのを確認してから、食材や調味料を入れます。

 

電源を入れるタイミング

 

また、冷蔵庫の時間を入れるタイミングが議論されますが、余程古い冷蔵庫で無ければすぐに電源を入れても問題ないでしょう。

 

昔の冷蔵庫の場合では、移動した際に、内部にあるコンプレッサーという冷媒を正しく作動させるためのオイルが配管を逆流し、異常をきたす原因になっていた為、今でも根強く残っている情報です。

 

一方、最新型の冷蔵庫はたとえオイルが変な場所に流れてしまっても、元の場所に戻るまでコンプレッサーが動作しないように作られているため、公式メーカーサイトでも引越し後でもすぐに電源を入れても大丈夫と記載されています。

 

ただし、横にして運ぶ方法は今でもご法度のため、自力で運搬される方はご注意ください。

 

業者依頼の場合では、保証期間は3ヶ月までとなっていますが、もし異常をきたした場合はすぐにでも確認の連絡を取って下さい。

 

仮に冷蔵庫だけを運んで欲しい方は、こちらのサイトを参照してください。

冷蔵庫 運搬
(冷蔵庫を安く運ぶ業者や、注意する点、保険に付いて詳しく記載。)