住宅ローン控除を受けれるのはどんな条件?

mini-house

金融機関等から資金を借りて住宅等を取得した時、また増改築をした場合住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受けられる場合があります。

 

住宅ローン控除は年末のローン残高の額に従って、税金の控除を受けることが出来ます。

 

条件を満たせば購入して入居してから最長10年間、控除を受けることが出来ますので、大変大きな減税効果があります。

 

 

住宅ローン控除を受けるための条件

 

・住宅とその敷地を取得するためのローンであること

 

・住宅ローンの返済が10年以上の返済期間であること

 

・ローン契約者本人のその年の所得が3000万円以下であること
(3000万円を超える所得のあった年は控除を受けることが出来ません

 

・勤め先からの借り入れの場合、金利が1%以上であること
親族からの借入金に対しては適用されない

 

・購入する家屋の床面積は50㎡以上で、1/2以上が居住用であること

 

・住宅ローン控除を受ける初年度は必ず確定申告をすることが必要
(入居した翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告することが必要)

しかし、年末調整をする方は次年度から年末調整で控除を受けることが出来ます。

 

・原則として物件の取得後6か月以内に居住し、控除を受ける年の12月31日日まで居住すること

 

以上が主な適用の条件となります。

他の条件、分からない点はお住まいの税務署などにご確認願います。